プロに手続きを任せよう

法律書

分割払いを利用しよう

お金に関する問題によって個人再生手続きを取ることになったら、専門の法律事務所に任せることになります。その道のプロでもあるので、スムーズに手続きをしてくれてとても助かることでしょう。ただし、代行してもらうからこそ費用がかかります。まず、依頼する前にどのくらいの費用がかかるのか調べることをおすすめします。個人再生の手続きにかかる費用は依頼する法律事務所によって異なるため、いろいろと比較することが大事です。大きく分けると、裁判所に支払う費用と弁護士や司法書士に支払う費用があります。裁判所に支払う費用は必須です。これは費用が決まっています。例えば収入印紙代の1万円や官報公告費用の予納金の12,000円などが挙げられるでしょう。トータルで20万円前後かかると見ておきましょう。一方、個人再生の手続きは弁護士や司法書士に頼んで行うことになるので、この費用も当然かかるわけです。こちらは報酬額に差があります。個人再生手続きを弁護士に頼む場合には30万円から50万円程度かかると考えておきましょう。ところが、司法書士の場合はもう少し安めです。20万円から30万円程度で住むのです。ただし、安いからといって司法書士が必ずしも良いとは言えません。無理なく返済計画を立ててくれる方を選択しましょう。個人再生は手続きをして終わりというわけではありません。また、支払いは分割払いができるところが多くなっています。この点も踏まえて無理のないところを選択しましょう。