債務を減らす法的手続き

男性

利用するのに必要なお金

債務を減らす法的手続きは債務整理と呼ばれます。債務整理は債務、つまり借金を何らかの方法で、減らしたり、または免責してもらうことで、その方法はいくつかの種類があります。裁判所を通さずに弁護士や認定司法書士に仲介を依頼して行う任意整理、裁判所を通して行う個人再生と自己破産です。任意整理では費用は弁護士・認定司法書士に支払うお金で済みますが、裁判所で手続きを行う場合には法定費用が発生します。特に個人再生は費用が大きいものです。個人再生のメリットは、自己破産とは異なり住宅ローンを別扱いにすることができることで、住宅を手放さずに済みます。また減免される金額も5分の1以上と任意整理と比べると大幅に借金を減らすことができます。特に住宅ローンに関しては親族が連帯保証人となっているケースがあります。自己破産すると連帯保証人に弁済を求められることになり、大きなネックになりますが、個人再生ではそれを回避することができます。その一方で個人再生は費用のかかる債務整理であることが知られます。自己破産でも一定の資産があれば費用が掛かりますが、完全に資産がない状態であれば極めて少額で行えますが個人再生の場合には最低でも20万円以上は必要です。これは弁護士や司法書士に支払う金額で異なり、弁護士の場合には30万円から50万円、司法書士では20万円から30万円が相場です。弁護士の場合には訴訟代理人となることができるのですべてを任せられますが、司法書士では書類作成のみ手続きは本人が行う必要があります。個人再生を行っている弁護士、司法書士の事務所であれば費用の分割払いを認めているところもあります。