裁判所と弁護士でお金が

裁判所

払えない場合の対処法

個人再生は、裁判所を介在させ借金を減額させる手続きです。任意整理も同様に借金を減額させる手続きですが、あくまで債権者が交渉に応じるかは法的な手続きでもなく、任意なので強制力はないのです。個人再生であると裁判所を介した法的手段であるため強制力があり、任意整理よりも減額効果は大きくなります。大きく借金が減額できるなら是非この手続きで債務整理をしたいと考える人も多いですが、気になるのは費用の問題です。個人再生は、裁判所を使うので必ず裁判所への支払いと弁護士に依頼する費用が発生します。また、住宅ローン特約を受けるとその費用も加算されます。専門家に依頼しない方が当然ですが費用は抑えられますが、一人で時間をかければ簡単にできる手続きではなく申し立てをしたら手続きの段階ごとに提出しなければならない書類に期限があり、再生案も複雑な計算が必要、素人ではとても無理です。専門家に依頼するのが一般的です。弁護士費用も含めた個人再生の相場は、40万円〜60万円になります。住宅ローン特約を受けると80万円程度発生するケースもあります。これだけ高額な費用がかかりますが、400万円あった借金が個人再生をして100万円まで減額できた、費用を含めてもこれだけの効果があると考えます。弁護士費用が払えるか不安な方も弁護士に相談をすることで、費用の支払いも含めた再生計画案で無理のない返済ができるようにしてくれます。他にも先に弁護士費用を支払い終えてから再生計画の返済がスタートできるようにするなど調整してくれます。