債務整理するお金がない

ジャッジガベル

法テラスの民事法律扶助

借金問題を抱えて弁護士に相談をする場合、費用はどれくらいかかるか心配なところです。債務整理をしたいと考えて弁護士に相談される方のほとんどは借金返済に行き詰ってから相談をされますので、当然お金を持っていませんが、債務整理をするにはお金がかかるのです。債務整理をするのにお金がないからと躊躇してしまっては抱えている借金問題の解決や生活再建は遠のいてしまいます。そういった債務整理の費用を工面できない方のために法テラスの民事法律扶助制度があります。法テラスの民事法律扶助制度を利用すると、立替てもらうことができ任意整理や個人再生、自己破産など弁護士への費用が制度を利用しない場合と比べると大幅に安くなるのです。個人再生を弁護士に依頼すると、費用が60万円〜80万円ほどかかるのが相場です。個人再生は、債務整理の手続きの中でも一番手続きが複雑で困難、手続き期間も長いのです。そのため自己破産よりも費用が高くなるケースがあります。これが、法テラスの民事法律扶助制度を利用すると着手金を162,000円〜324,000円に抑えることができます。実費として35,000円かかり合計すると197,000円〜359,000円の費用で個人再生の手続きをすることができます。個人再生の費用に幅がある理由は、裁判所で個人再生委員が選任される場合とされない場合で再生委員への報酬が発生するからです。法テラスの制度は、誰でも利用できるのではなく所得や財産の状況に基準があります。