債務整理するお金がない

ジャッジガベル

債務整理をするには、お金がかかります。借金問題を抱えている人はお金がないわけですから、それを理由に躊躇していると借金問題解決は遠のきます。法テラスの制度を利用すれば、任意整理や個人再生にかかる費用を一部立て替えてもらうことができ、安く整理できます。

詳しく見る

プロに手続きを任せよう

法律書

個人再生の手続には費用がかかります。裁判所に支払う分は必須で決まっています。一方、弁護士や司法書士に支払う分はそれぞれ異なるので、比較して決めましょう。無理なく返済できるように計画を立ててくれるところがおすすめです。

詳しく見る

弁護士に依頼するお金ない

天秤

個人再生などの債務整理をするには、高額な費用がかかります。債務整理をする人はお金がなく借金返済に行き詰った人です。お金がないと債務整理をすることができず躊躇してしまう人もいらっしゃいますが、法テラスの制度を利用すれば立て替えてもらことができます。

詳しく見る

裁判所と弁護士でお金が

裁判所

個人再生をするには高額な費用がかかります。40万円〜60万円かかるのが相場ですが、住宅ローン特例を受けると80万円程になるケースもあります。弁護士費用の支払いが困難な方は、弁護士に無理のない返済計画に調整してくれたり、先に弁護士費用を払い終えてから再生計画の返済が開始できるなどしてくれます。

詳しく見る

債務を減らす法的手続き

男性

個人再生は債務整理の方法のひとつで、大幅に借金を減らせるほか住宅ローンを別扱いに出来るといったメリットがあります。しかし、一方で個人再生は債務整理の中ではもっとも費用のかかる債務整理の方法としても知られます。

詳しく見る

専門家に依頼する

男性

いくらお金が必要なのか

個人再生の申し立てをする場合、裁判所での費用がかかります。それだけでなく、専門家に依頼する場合も費用がかかります。個人再生は債務整理の手続きの中でも一番複雑な手続きです。絶対に専門家に依頼しなければならないというわけではないのですが、何の法的知識もない素人が簡単にできるような手続きでもないですすし、仕事をしながら片手間でできるものでもないので弁護士等の専門家に依頼して手続きをすすめるのを裁判所でも推奨しているくらいなのです。もっとも煩雑な手続きで自己破産よりも手続き期間がかかるため費用も高額に設定している法律事務所がほとんどです。個人再生にかかる具体的な費用としては、まず収入印紙代です。裁判所に個人再生を申し立てるする際に提出する申立書に10000円分の収入印紙を貼ります。そして郵便切手代です。個人再生は、決定書や再生計画案などあらゆる書類を郵送でやり取りします。郵便切手代は2000円〜4000円程度です。裁判所によっては、80円切手が何枚と細かく指定してくるところもあります。また、個人再生の手続きをすると官報に掲載されます。その官報に掲載される費用として12000円程度です。そして、個人再生委員が選任されますのでその委員への報酬が発生します。15万円〜25万円程度かかります。裁判所によっては、弁護士が代理人となっている場合、個人再生委員を選任しない運用をしているところもあります。